本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.096-234-6681

〒861-8035 熊本市東区小山5丁目12−18







連日のコロナウイルスニュースはパンデミックの様相を呈してきました。当初の予想をはるかに超えて、日常生活に大きな影響を及ぼしています。デマ情報が拡散し買いだめに走る映像を見ると情けなくなりますが、そう言いながら、私も店頭でゴミ袋を見つけて3つほど買ってしまいました。
在庫は十分にあると言うのに・・・・。
一日も早い終息が望まれます。

そう言えば先日、コロナウイルスの犬への感染ニュースも出ていました。
真偽ははっきりとしませんが、PCRでわずかに反応したという報道です。実は犬にもコロナウイルス感染症があります。
混合ワクチンを受けていらっしゃる方はご存じと思いますが、下痢や嘔吐などの症状を表す伝染病で、6種混合以上のワクチンに含まれています。
その他にも豚の下痢症や胃腸炎を起こすウイルスのほかいろいろな動物に特異的なコロナウイルスがあります。
これらのウイルスは人への感染はありませんが、今回のコロナウイルス(COVID-19)は変異を起こしたため人に感染するようになったと言われています。
それだけに、正体が完全につかめていないので対策が遅れています。
今回の発生は時期が悪く、いろいろなイベントが中止され足り、休校になるなど社会的的影響が大きく、この先の不安が一杯です。

感染の機会を少なくするよう対策するしかありません。

同じように、ワンちゃんネコちゃんも接触の機会を少なくし、可能な対策を取ってあげましょう。
今年は暖冬だったせいで、早くから衛生害虫の発生が予想されています。
例年より早めにノミ・ダニ対策やフィラリア予防に取り掛かってください。






       
 

のなかどうぶつ病院
aclinic9@gmail.com
のなかどうぶつ病院

〒861-8035

熊本市東区小山5丁目12−18

TEL 096-234-6681
携帯090-4996-3030


ブログ
http://blog.goo.ne.jp/nonahos






スマートフォン版